電話、メール相談無料です。お気軽にご相談ください。

相続登記

相続分について

 
相続人
第1順位
配偶者   1/2
子供全員    1/2
第2順位
配偶者   2/3
父母全員    1/3
第3順位
配偶者   3/4
兄弟姉妹全員  1/4

配偶者がいない場合は相続人全員で均分に相続することになります。

上記の表が法律に定める相続分の割合(法定相続分)となります。ただし実際は遺産分割や相続放棄などにより法定相続分とは違う分け方がされることが多くあります。

相続分について注意事項に遺産分割と相続放棄があります。

遺産分割とは相続人全員により法定相続分とは別の割合で相続分を決めることです。たとえば相続人に配偶者と子供が2人いた場合法定相続だと配偶者が全体の1/2、残りの1/2を子供2人で1/2にするのですが、配偶者が1人で相続すると決めることです。

相続放棄とは、その名のとおり相続を放棄することです。借金が多いなど相続において負担が多い場合などに使われます。ただし相続放棄には注意する点があります。

相続放棄は相続人が相続開始を知ったときから3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申述をしなければなりません。

遺産分割協議で相続人の一人が相続分を要らないといってもそれは相続放棄ではありません、家庭裁判所に申述しなくてはならないことに注意ください。上記の3ヶ月を過ぎてしまうと、原則としてプラス財産もマイナス財産もすべて相続することになります。

相続は手続等、複雑なことがありますので、困ったことがあればご気軽にご相談ください。

▲このページの先頭へ

↵前のページに戻る