電話、メール相談無料です。お気軽にご相談ください。

相続登記

相続人について

 
相続人
第1順位
配偶者と子供
第2順位
配偶者と親
第3順位
配偶者と兄弟姉妹

亡くなった方(被相続人)に配偶者がいる場合は配偶者は常に相続人となります。配偶者の他に相続人となるのは上記の表の通りになります。

(1) 被相続人に子供がいた場合は、子供が相続人となります。またその子供が被相続人より先に亡くなっていた場合は、その子供に子供(被相続人にとっては孫)がいれば、孫が相続人となります。これを代襲相続といいます。孫も先に死んでいて、孫に子供(ひ孫)がいればそのものが相続人となります。

(2) 被相続人に子供がいない場合、被相続人の親が相続人となります。ここでも父母が両方とも死亡していたら祖父母が代襲相続します。

(3) 被相続人に子供も親もいない場合は、兄弟姉妹が相続人となります。兄弟姉妹が先に死亡している場合は、その子供(被相続人の姪・甥)が代襲相続します。姪・甥が先に死亡していても(1)・(2)と違いそれ以上は代襲相続することはありません。

以上をまとめてみると下記のようなパターンになります。

1 配偶者と子供
2 配偶者と親
3 配偶者と兄弟姉妹
4 配偶者のみ
5 子供のみ
6 親のみ
7 兄弟姉妹のみ

注意するのは配偶者は常に相続人で、子供が一人もいなければ親が、親が一人もいなければ兄弟姉妹が相続人となることです。

配偶者に関しての注意事項

配偶者は常に相続人ですが、被相続人が死亡した時点で法律上の婚姻関係がなければなりません。既に離婚している場合や内縁関係では相続人にはなりません。また離婚後に他の人と再婚した場合は、再婚した相手のみが相続人となります。

子供に関しては嫡出子と非嫡出子・養子や連れ子などかなり複雑になることがありますからそのような場合は専門家に相談するのがよいと思います。

相続人の特定は相続登記に必要で正確に把握しなければ登記できません。

戸籍謄本等を役所で取得しながら確定させていきます。

この調査はかなり大変で、特に昔の戸籍はパソコン入力などではなく自筆ですのでかなり読みずらいこともあります。また過去に転籍(婚姻等で本籍地を移すこと)をしていると、その都度過去の本籍地の役所に戸籍謄本請求をしなければならず、大変時間がかかることがありますので、個人で行う場合には根気と行動力が必要です。

▲このページの先頭へ

↵前のページに戻る