電話、メール相談無料です。お気軽にご相談ください。

強制執行について、強制執行手続き、強制執行申立、強制執行停止

判決によって訴訟は終了しますが、

訴訟の目的は判決を取ることではなく、

判決内容を相手が履行することで達成されます。

時間と費用をかけて判決を取ったけれど、

相手側が判決の内容を無視して履行しないということがあります。

そのような場合の制度として「強制執行」があります。

強制執行は裁判所が権利者の権利内容(判決内容)を強制的に実現する手続きです。

不動産の差し押さえや給料の差し押えなどがあります。

ただし強制執行をするには訴訟とは別に裁判所に申し立てが必要です。

そのためさらに時間と費用がかかります。

ですが、少額訴訟には「少額訴訟債権執行」という特別な制度があります。

これは通常の強制執行に比べてとてもスピーディーに

執行手続きをすることができる制度です。

▲このページの先頭へ